顔産毛シェーバーのメリット

顔産毛シェーバーのメリット

あなたは顔の産毛はどう処理していますか?

 

気にするほどでもない?もしくはずっとシェーバーで剃っているとか?カミソリで直接刃を肌に当てて剃っていますか?
時々毛抜きで抜いているとか?もちろんそんな話は友達や同僚としたりしないですよね。

 

20代〜更年期の女性の半数以上が濃い顔の産毛もしくはひげで悩んでいる割には、お互いにどういう方法がいいなどということは共有されてないそうです。
つまり、みんな恥ずかしいことだから、あえて話にも出さないし、言わないというのが暗黙の了解なんでしょうか。

 

でも、話をしている相手に産毛を剃った後や、ひげを剃った後の青いのがあったらちょっと同姓でも引いてしまいますよね。
私だったらきっと「え・・・・(汗)」となると思います。

 

では、みんなどういった方法で顔の産毛を処理しているのでしょうか?

 

ほとんどの人が顔やまゆげをととのえるシェーバーを持っていて、ついでに時々剃るということをしているそうです。
ついでに出来るぐらい薄い人ならいいですよね。でも、毎日剃らないと「まずい」というぐらい濃い産毛になっている人もいるのです。

 

そういった場合シェーバーは直接刃が肌にあたらないように出来ていたりと、今は進化していますので、大変メリットがあるみたいですよ。
しかもその電動シェーバーも数千円で購入できますし、かわいいデザインのものもたくさんありますからね。

 

朝のメイク前に、鼻下だけとかあごだけとかをさっと、ひとなでするだけで、あとは自然に生えている産毛だけになりますよね。
ほんとに1分もかからないぐらいで、肌を思いっきり傷つけたりもしないですし、忙しい朝ならなおさらメリットがありますよね。
でも、同時に、それを続けていくと濃くなる可能性も出てくるということを覚えておいて欲しいのです。

 

そうなった時には、エステや医療脱毛など、レーザー治療が必要になってきますので、コストがすごくかかりますよね。
だから、シェーバーを使わないで、人に不快な思いをさせるぐらいなら、シェーバーを使いつつも、同時に、スキンケア同様に、抑毛効果のある化粧品を使うのはどうでしょうか?

 

今では豆乳ローションやノイスなど、毛が生えてくるスピードを落としたり、細くさせたり、弱らせたりする化粧品(ローションやクリーム)が多くあります。
中でも、顔専用に開発されたものが一番顔の産毛やひげにはいいと思いますので、是非探してみてくださいね。

 

それを使いながら、シェーバーも使って、人からは引かれず、産毛が濃くならず、逆にましになっていくというのが理想的ではありませんか?しかも、一番低コストだと思うのです。

 

とにかくエステや医療脱毛も、一昔からしたらやすくはなっていますが、抑毛クリームやローションと比較したら何十倍にもなります。
そして、レーザー照射の後年の影響というのは人それぞれなので、鼻下だけに、10年後に何かあっても、どうしようもないということにもなります。

 

とにかく、顔の産毛は体からのサインですから、むやみやたらと嫌ったりしないでくださいね!

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?